ステロイドを使わないでアトピーを治す!?赤ちゃんの頃からアトピーの娘の奮闘記

近年増加していると言われているアトピー性皮膚炎の子供たち。

我が家の次女も例外ではありません。

アトピーの場合、第一選択薬の多くはステロイド剤です。

しかし、ステロイド剤のについては、副作用はじめたくさんの疑問が。。。

そこで、脱ステロイドに向けて取り組むことを決めました!

乳児湿疹か乾燥かアトピーか!?ステロイド軟膏での治療を開始

生後6ヶ月頃から乾燥が気になり、通常の保湿ケアだけでは追いつかず、赤く痒そうな顔と体。

小児科を受診すると、月齢的に乳児湿疹かアトピー性皮膚炎かな・・・というところでした。

小さい体に針を刺し、血液検査をするとやはり食物アレルギーも判明。

アレルギー食材を除去しつつ、保湿を徹底しました。

しかし、お肌は一向にきれいになりません。

この頃は顔にも湿疹が出ています。

保湿をしても追いつかない場合、小児科での第一選択はやはりステロイド。

ステロイド剤に関しては、多少なりとも知識があり、正直あまり使いたくありませんでした。

でもステロイドは使わざるを得ないというのがお医者様の判断。

まずはかゆみ(苦痛)を取り除き、保湿に切り替えていけば良いと。

確かに、見ているだけでも痒そうで痛そうで可哀想な顔や肌。

早くこれらの苦痛を取り除き、しっかり保湿をすれば良いのだと、お医者様のいう通りにステロイド軟膏での治療をはじめました。

まずは一番弱いとされている、ロコイド軟膏とワセリンの混合剤で様子を見ました。

【保湿クリーム】

【左上からワセリン、ステロイドとワセリンの混合剤、ステロイド軟膏】

効果はやはりステロイド、数日のうちにお肌はみるみる赤みが消えて、一見きれいになったかに見えました。

そこで、同じく病院でもらっていた保湿クリームとワセリンで乾燥対策。

でも、そんなに簡単に治るほどアトピーは甘くはありませんね。

程なくして、やはり湿疹が出てきます。

そうすると、再びステロイドの登場。

この繰り返しの日々が続きました。

季節や年齢で肌の状態は変わる!?症状は一進一退。

そして冬が明け、季節は春を迎え、娘は1歳になりました。

冬の間、格闘していた乾燥はひとまず落ち着き、それと同時に肌の症状も落ち着いてきたように感じました。

それでも、肌荒れがひどい箇所にはステロイドとワセリンの混合剤、それ以外には病院からもらったお薬を塗り続けます。

年齢とともに、肌も強くなるから3歳くらいまでにはキレイになるよ。

と、周りからも言われていました。

確かに、1歳を過ぎてから肌の状態も安定してきたように思います。

このまま治っていってくれるといいな・・・

そう思っていました。

しかし、依然として薬なしで健康な肌の状態を保てることはなく、気を抜くと荒れ、その度に病院でステロイドと薬をもらうのが日常でした。

ステロイドはいつかやめたい、やめられると思っていました。

そう思いつつ、娘はもうすぐ3歳。

毎日ではないけれど、気づけば3年近く、ステロイド剤を塗り続けています。

これではいかん!

そう思って、ステロイドをはじめ、病院でもらっていた薬の使用をやめることを決意しました。

代わりに、オーガニック系の保湿クリームや天然のマッサージオイル、シアバターなどに切り替えです。

ステロイド以外で子供のアトピーは改善するか!?〜我が家の取り組み〜

最近肌がキレイになってきたな、もうすぐ3歳になるし、強くなってきたのかな。

なんて思っていたのですが。

実は、主人がステロイドとワセリンを塗り続けていたことが判明。

「痒そうだしかわいそう、薬でキレイになってるんだからそれでいいじゃないか。」

というのが主人の意見。

「それで今までズルズルきて治っていない。このままだと一生薬なしではいられなくなるかもしれないよ。」

というのが私の意見。

普段お世話をするのはもちろん私の方が多いので、私はあくまでも自然派にこだわろうと思います。

ステロイドと病院でのお薬をやめて間も無く、やはり娘の肌は荒れてきました。

「そらみたことか」というように、主人は薬を塗るべきだと言います。

いやいや、私が思うに、これが薬剤によるリバウンドなんですよね。

これまで、体が自己免疫で出そうとしていたものを、薬剤によって押さえつけていた結果、薬剤をやめるとこれまで抑えられていたものが溢れ出す。

自然の原理です。

これを乗り越えて、体に溜まっているものを出さない限りアトピーは改善しません。

そこで、現在私が取り組んでいることは次の通りです。

〜食事〜

・なるべく手作りのものを。

→ 添加物や農薬はアレルギーの原因になります。

・乳酸菌や酵素を積極的に取る。

→ 腸内環境を整えることで自己免疫力がアップします。

〜石鹸〜

・合成界面活性剤使用のものは避ける。

→ 洗濯物や食器に残った残留物がアレルギーの原因になります。

・肌に直接つけるもの(シャンプーやボディーソープ)は天然のものを。

→ 経皮毒を避ける。

現在うちで使っている洗剤です。

松の樹液から抽出されたオーガニック洗剤です。

洗浄力はもちろん、殺菌効果にも優れていて、洗濯・食器・お風呂やトイレの洗剤としてマルチに渡って活躍します。

これを友人に紹介したところ、洗濯槽の匂いがなくなり、乾燥気味だった子供も痒がることが減ったと話してくれました。

〜保湿剤〜

・天然のもので保湿力が高いものを選ぶ

アシュランという化粧品メーカーの保湿クリームです。

4年ほどこちらの化粧品をラインで使っていますが、この保湿クリームは特に保湿力が高く、子供にも安心して使えるものなので普段使いにしています。

Melvitaのアルガンオイルです。保湿効果はやはりオイルが抜群ということで使っています。

もともと自分用に購入したのですが、娘のために使うことになってしまいました^^;

生協のちらしに入っていた、アトピーラボのシアバターです。

アトピーラボは、アトピー性皮膚炎をはじめ、肌トラブルで悩んでいる人向けの製品を製造・販売している会社です。

いろいろな製品がありますが、今回はこちらのシアバターを試すことにしました。

病院からの薬をやめて、これらの取り組みを始めたのはまだ最近です。

娘の肌の状態は依然としてリバウンドとの闘い。

でもほんのわずかな変化ですが、少しずつ改善してきているように感じています。

娘の肌が自らの力で健康な状態を保つことができるようになるまで、引き続きレポートしていきます。

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280

コメント

  1. アバター 鈴木美香 より:

    EMmama さん

    はじめまして。シースター株式会社の鈴木と申します。
    (弊社は鼻水吸引器「メルシーポット」をはじめとする
    ベビーヘルスケアメーカーです。)

    この度、お子さまの肌トラブルで困っているとの投稿をお見かけして、
    ご連絡いたしました。

    弊社では先日、赤ちゃんの湿疹やアトピーをやわらげるための薬用スキンケア「メルシーケア」を発売しました。

    http://www.babysmile.ne.jp/mercicare/

    こちらは自身のアトピーを解決したいという開発者や
    お子様のアトピーを改善してあげたいというママ社員の声を元に誕生した商品です。
    まだ発売して間もないですが、すでにブツブツがきれいになったとの嬉しいお声もいただいております。
    楽天、Amazonにて販売しておりますが、もしよろしければ、サンプルをお送りしますので、お使いになってみてください。約7日分の容量がございます。

    もし差支えなければ、送り先のお名前・住所・お電話番号を下記メールアドレスにご連絡いただけますと幸いです。
    mika.suzuki@seastar.co.jp

    よろしくお願いいたします。

    鈴木

    • EMmama EMmama より:

      鈴木様

      コメントありがとうございます。
      娘のアトピーにはいろいろ試していますが、まだ出口が見えません。
      保湿も重要ですが、やはり体の内側からも変えていかなくてはならないと考えているところです。

      サンプルをいただけるとのこと、ぜひ一度試させていただきたいと思います。

      EMmama