ゴールデンウィーク2017子連れで行く沖縄〜ホテル・持ち物・観光のおすすめとお役立ち情報〜

ゴールデンウィークがやってきました!

長い人は9連休のお休みがあるそうですね。

大型連休、国内海外に旅行の予定がある人もたくさんいると思います。

そんな我が家も今年は2泊3日で沖縄に行くことに。

しかし、子どもがいると何かと不安なことも多いのが旅行。

そこで今回は、ゴールデンウィークの国内旅行先として大人気の沖縄のお役立ち情報をまとめてみました。

ゴールデンウィークは飛行機で沖縄に!3月は冬じゃなく海開き!離島を含めた天気・気温と混雑状況

関西や関東ではまだまだ春のぽかぽか陽気。

海なんてまだまだ先よね〜。

なんて思っていたら・・・

友人が教えてくれました。

「ゴールデンウィークなら沖縄がおすすめよ〜!

海やプールで遊べるから、わざわざ観光に行かなくても子どもも満足だし〜」

だって!

そうだったんだ!?

気候がいいといえば北海道のような気もするんだけど?

「北海道はまだまだ雪が残ってて寒いところもあるよ。

ウィンタースポーツが好きな人は、ゴールデンウィークの北海道が最後の狙い目!」

だって!

そんないきさつもあり、沖縄に興味が湧いたのでリサーチすることに。

本島では冬の寒さが残ることも多い3月

ところが沖縄ではもう夏!

海開きが始まる時期だったのです!!

詳しい海開きの日程はビーチによって異なりますが、3月中旬以降の週末に始まります。

一般的に、石垣島など南に位置する離島から順に北上して、4月中旬頃には沖縄全土の海がオープンに!

ということは、ゴールデンウィークもばっちり海に入れそうですね。

<沖縄の海開き詳細情報はこちらのサイトへ ↓ >

http://www.tabirai.net/sightseeing/news/0000622.aspx

ではでは、今年のゴールデンウィークの沖縄。

気になるお天気気温は?

お天気は変わることがあるので、確実な情報はありませんが、私が最近調べたところによると、

ゴールデンウィーク前半(4月28日〜5月2日)は概ね晴れの予報です。

最高気温は25度から27度、最低気温は19度から21度だそうです。

また、石垣島や宮古島など南の離島はさらに1〜2度気温が高いです。

とても過ごしやすい気候のようですね^^

ちなみに、沖縄は梅雨入りも少し早いので、例年5月中旬頃から梅雨入りするところもあり、6月には台風がやってくることもあるそうです。

なので、ギリギリ梅雨入り前のゴールデンウィークの沖縄は狙い目!

とても良い季節に当たるので、子供たちもご機嫌に過ごしてくれそうです。

それでは、お天気以上に気になる(?)沖縄の混雑状況を少し見てみましょう。

先に述べたように、ゴールデンウィークの沖縄は観光するにはもってこいの良い季節です。

が、やはりそれを狙って全国からみんなやってきます!!

つまり、各観光地は混雑するのを覚悟で行きましょう。

特に、本島では人気の「美ら海水族館」。

子どもも大喜びなので、家族連れにはマストな観光スポットですが、水族館が発表している混雑予測は・・・

4月28日から5月6日までは「大変混雑」のマークが並んでおります。

最終日、5月7日は少し空く予想ですが、それでも「混雑します」のマーク。

ゴールデンウィークですものね、混雑は覚悟しましょう^^;

水族館だけではなく、おそらくどこの観光スポットも混雑が予想されますので、特に小さい子どもがいる家族連れは、無理のない余裕あるスケジューリングがおすすめです。

子連れで沖縄!持ち物のおすすめは?ガイド本は必要?

小さな子供を連れての沖縄旅行。

沖縄に限らず、旅行の時の荷物は悩みますよね。

最悪、現地調達をすればなんとかなるけれど、なるべく忘れ物なくコンパクトに持ち運びたい・・・

そんなわけで、今回うちが用意した持ち物リストはこちらです。

<持ち物リスト>

【スーツケースに入れてまとめるもの】

・着替え(日数+1日分)

・下着

・子供のシャンプーや石鹸、保湿剤など

・常備薬、絆創膏、爪切りなど

・水着、ラッシュガード(オムツの幼児は水遊び用パンツ)

・ビーチサンダル

・帽子

・浮き輪などのビーチあそびセット

・タオル2〜3枚

・歯ブラシ、歯磨き

・食器洗剤とスポンジ(水筒や子どもの食器を洗う)

・日焼け止めや紫外線対策

・大人の着替え

・大人の化粧品

・カメラ、ビデオ

<飛行機対策及び手荷物>

・食べ物、おやつ

・おもちゃ、絵本

→ お気に入りのものや、サプライズ感のあるもの、シールブックなど時間稼ぎができそうなものがおすすめ!

・水筒

・ハンドタオル

・カーディガン

今回は、国内で2泊3日の短期旅行のため、子どもの食べ物の心配がないので、荷物が少なく済みました。

また、ガイドブック的なものですが、我が家はあまり利用しません。

インターネットで検索するか、必要に応じてスマホで調べます。

また、現地空港にはクーポン付きのガイド本が無料で置いてありますので、それを利用したりします。

子連れにおすすめの沖縄本島及び離島のホテル&コンドミニアム

沖縄には、本島にも離島にも素敵なリゾートホテルがたくさんあります!

特に小さい子供連れのファミリーにとっては、ホテル選びは重要。

ゆったりとした客室はもちろん、子連れにも嬉しいサービスや子供を連れて利用できるレストランや施設が充実していると嬉しいですよね。

そんな沖縄のホテル、今回我が家で利用するのはここ↓

<ANAインターコンチネンタル 万座ビーチリゾート>

https://www.anaintercontinental-manza.jp/

子供向けの施設やマリンアクティビティが充実、プールやビーチも綺麗です。

他にもおすすめのホテルはたくさんありますが、ファミリーに人気のところを3件チョイス。

<ルネッサンスリゾート 沖縄>

https://renaissance-okinawa.com/

<カヌチャベイホテル&ヴィラズ>

https://www.kanucha.jp/

<ホテル オリオン モトブリゾート&スパ>

http://www.okinawaresort-orion.com/

もちろん、この3件以外にも赤ちゃん・子供連れに優しいホテルはたくさんあります。

日本が誇るリゾート地、ファミリー対応はホテル業界によって必須のようです。

ベビーベッドやベビーカーの貸し出し、レストランでは離乳食や子供用のメニューも用意されているのも嬉しいところ。

子供が遊べる遊具や施設が充実しているホテルもたくさんあるので、気になるホテルがあればぜひチェックしてみてくださいね!

また、長期滞在をされる人におすすめなのがコンドミニアムタイプ

キッチンや洗濯機がついているので、外食に疲れたり洗濯物が増えて困った時に便利です。

小さい子供がいると、簡易のキッチンはやっぱり欲しいですもんね。

おすすめのコンドミニアムタイプのホテルおすすめ3選はこちら↓

<カフーリゾートフチャク コンド・ホテル>

http://www.kafuu-okinawa.jp/sp/

<ユナイテッド リゾート 読谷>

http://unitedresort.okinawa/yomitan/

<モリマーリゾートホテル 読谷村>

http://www.morimar.com/

いずれも、ホテルさながらの充実した設備が整っています。

ゆっくりと、家族のペースで動きたい人にはおすすめですよ。

最後に、沖縄の離島で人気の石垣島・宮古島おすすめのホテルはこちら↓

<ANAインターコンチネンタル 石垣リゾート>

https://www.anaintercontinental-ishigaki.jp/

<シギラベイサイドスイート アラマンダ(宮古島)>

http://www.nanseirakuen.com/allamanda/

子連れでも楽しめる沖縄の観光&ランチスポット

子ども連れにおすすめの観光スポット

<美ら海水族館>

沖縄の家族旅行で外せないのは、やっぱり「美ら海水族館」です!

沖縄の海を自然に近い状態で再現したこの水族館!

家族連れだけではなく、老若男女だれでも楽しめるプログラムがたくさんあります。

みどころは、何と言っても巨大水槽!

時を忘れてしまうくらい眺めてしまうこと必至です!!

<琉球ガラス体験>

沖縄の工芸品といえば、琉球ガラス。

琉球ガラスを扱う施設はいくつかありますが、「琉球ガラス 匠工房」「森のガラス館」「やんばるガラス工芸館」では、琉球ガラスでのグラス作り体験や、アクセサリー作りを体験することができます。

小さなガラス玉を繋げて自分オリジナルのアクセサリーやオリジナルのグラス、自宅に帰った後も楽しめる良い想い出になるのではないでしょうか。

子ども連れにおすすめのレストラン

<La fonte  (ラフォンテ)>

ワイン飲み放題付きのランチビュッフェが楽しめるイタリアンレストランです。

ハイチェア・子供用食器の貸し出しがあります。

中庭があるので、食べる終わった子どもたちを遊ばせておくことができます。

食材も、沖縄で採れた新鮮な有機野菜や魚・豚肉を使っているので安心です。

http://www.lafonte.co.jp/

<ちゅら島>

テーマパーク「沖縄ワールド」内にあるレストランです。

ビュッフェ形式なので、子どもでもいろいろなものが味わえます。

キッズスペースや座敷もあるので、観光の合間のランチタイムにおすすめです。

http://www.gyokusendo.co.jp/okinawaworld/gourmet/

いかがですか?

日本にいながら十分なリゾートを味わえる沖縄。

ゴールデンウィークや長期休暇を利用して、ぜひ家族で訪れてみてください。

スポンサーリンク
336×280