子どもと楽しむ春休み企画!No.1はキャンプ!?関西のキャンプ場情報

もうすぐ春休み

子どもにとってわくわくの春休みも、おかあさんからすると

「どうしよう・・・」

となりますよね。

ゴールデンウィークやお盆、お正月のように、大人は春休みがありません。

お父さんはもちろん、共働き世帯は両親とも通常通りお仕事ですよね。

おかあさんと子どもたちで過ごすことの多い春休み。

家族で旅行に行くことも難しいし、

できるだけお金もかけたくない・・・

それでは子どもたちの春休みはどうしたら楽しくなるでしょう?

元気いっぱいの子どもたち。

春休みは暖かい日も増えてくるし、キャンプに行くことができればきっと良い想い出になるのではないでしょうか!?

そんな関西のキャンプ情報をご紹介します。

子どもだけで参加が可能な春休みキャンプ【関西発】

寒さも和らいで暖かくなる季節。

キャンプにはもってこいですね。

でも、大人には春休みがないので、子どもは退屈・・・

そんなときでも大丈夫!

子どもだけで参加可能なキャンプが関西エリアでも行われています。

普段では体験することのできない非日常の世界。

新学年を迎える子どもたちに是非体験させてあげたいですね。

<そらまめキッズアドベンチャー>

キャンプや自然体験などの野外活動を中心に、スキーや地域グルメ・クッキング体験、工場見学ツアーを展開。

日帰りツアーから1泊〜の宿泊ツアーもあり。

https://soramamekids.com/tour/area/west-spring/

キャンプだけではなく、体験型のプランやインドアで楽しめるものなど、プランが他よりも多彩です。

大人も一緒に参加したくなるようなものもあり、初めてのお子さんでもきっと楽しめると思います。

<NPO法人 結芽(ゆめ)>

キャンプや野外活動などの自然体験を通して、子どもたちに自然と触れ合うことの楽しさや仲間との関わり方を学ぶことを目的としたNPO法人。

乳幼児向けの体験活動から、小学生以上の子どもを対象としたツアーを始め、親子体験・大人のみの参加を扱うものも展開している。

http://www.npoyumekichi.com/camp/

塾や勉強、ゲームやパソコンに忙しい現代の子どもたち。

これらの弊害も多々報告されていますが、春休みを機に、外へ連れ出してあげてはいかがでしょうか。

ゲームがなくても楽しいことはたくさんあります。

自然から学ぶことは机上で学ぶより有意義なこともあります。

大人が参加可能なプランもあるので、是非一緒に参加してみましょう。

<PAL ピープル・アクティブ・ライフ>

キャンプや野外活動などの自然体験を通して、子どもたちに自然の素晴らしさを教えるNPO法人。

日帰りから宿泊のものなどを取り扱っている。

新年長児から参加可能なものもあるが、主に新1年生以降の小学生以上の子どもが対象のツアーが多い。

http://www.pal-smile.com/index.html

野外で自然と触れ合うことは、多くの学習につながります。

それだけではなく、仲間と一緒に取り組み、課題を乗り越え、達成感を味わう喜びは、何事にも変えがたい子どもの財産へとつながっていくのではないでしょうか。

「まだ早いかな?」と思う就学前の年長児でも、本人は意外と楽しむかもしれませんよ。

「保護者なしで初めて一人で何かをやり遂げた」という自信は、子どもにとってかけがえのないものになるはずです。

<Brain Humanity CAMP>

多彩な野外活動を体験できる本格的なキャンプを実施。

小学生〜中学生が対象でほとんどが宿泊を伴うキャンプ。

http://ke-tour.com/camp/

キャンプを何度か経験した子どもにおすすめです。

「自然が楽しい」ということだけではなく、「自然の厳しさ」も学ぶことができるカリキュラムではないでしょうか。

自然から学ぶ多くのことを通じて、豊かな人間性が育まれていくのだと思います。

<トムソーヤクラブ>

関西を始め、関東・中部・九州発など全国的に展開している。

スキー・スノーボード・雪遊びなどのツアーや自然体験キャンプなど幅広く取り扱っている。

対象年齢は小学生〜中学生まで。

http://www.tomsawyer-club.jp/tour/index.php?season=1&departure=3

子どもにとって、季節に応じた楽しい「あそび」を通して日本の四季の素晴らしさを学ぶことはとても大切なことです。

季節のごとのあそびを含め、なんとなく忘れ去られがちな、四季折々の日本の伝統行事のことを考える良い機会になるかもしれません。

いかがでしょうか。

小さい子を一人で参加させることに不安や抵抗がある方もいらっしゃるかもしれませんが、子どもは親が思っている以上に強いものかもしれません。

親子ともに成長する良い機会と思って、一度体験してみてはいかがでしょうか。

やっぱり英語が気になる!子供の春休みEnglishキャンプ

非日常の自然体験や野外活動もいいけれど、それに英語が加われば親としてはさらに嬉しいのではないでしょうか。

外国人留学生や外国人講師と触れ合うことができるキャンプはサマーキャンプがほとんどですが、春休みにスプリングキャンプを実施しているところもありますので、ご紹介しましょう。

<Glolea!>

気軽な英語キャンプというよりも、本格的な短期留学プログラムを紹介するサイト。

幼児(親子)から小学生・中学生を対象とした英語プログラムを幅広く紹介している。

http://www.glolea.com/holidayprogram/season/spring-school

現地の小学校や幼稚園、海外生活の体験など、滅多に体験できるものではありません。

海外への渡航費用など、金銭的にも大掛かりになりますが、英語の音を聞き分ける耳は幼少期に作られると言われています。

この春休みでなくとも、将来的な検討材料に加えてみてもいいかもしれません。

<Lily English Center>

小学生・中学生・高校生を対象にした国内留学。

沖縄県で春休み期間中に英会話を学んだりホームステイをしたり、沖縄の自然体験を行うことができる。

http://www.lily-ec.jp/topic/okinawa-spring-school.html

日本国内にいながらリゾート気分を味わえる沖縄。

私も個人的に大好きな地域の一つです。

春休みの沖縄は、本州の気候よりも暖かいのでより活発に様々な体験ができるかもしれません。

<英会話のDUO>

沖縄にある英会話スクールが企画する国内留学プログラム。

6歳から18歳(小・中・高校生)が対象で、それぞれのレベルに対応可能。

寮ステイ・外国人宅ステイ・通いなどの選択もできるので好みに応じて参加することができる。

http://duo.ti-da.net/e9232766.html

沖縄は日本でありながら異国情緒もただよい、海や景色も美しいので語学だけではなく、沖縄ならではのアクティビティも楽しめます。

語学も観光もできて一石二鳥ですね。

<British Hills>

神田外語大学・神田外語学院を運営する学校法人によって設立された英国文化を体験できる施設での春休みイングリッシュキャンプの企画。

小学校高学年から高校生対象のコースがメインで親子クラスもある。

http://www.british-hills.co.jp/bh_news/detail/1520_0000005278.html

施設の場所は福島県にあります。

関東近郊にありながら、本場に留学したかのような雰囲気があります。

アクティビティーも外語学校を運営する施設ならではのオリジナリティー溢れる充実した内容です。

<キッズエクスプレス 白馬イングリッシュキャンプ>

白馬にある施設で、ネイティブスピーカーとともに過ごすキャンプ。

スキーをはじめ、英語の勉強やアクティビティーが含まれている。

対象年齢は小学3年生から中学2年生。

https://www.kids-ex.com/tour/item/13325/1585.html?

現地集合現地解散で、白馬までの交通費は別途かかります。

現地まで子どもをどのように送り届けるか、一人で行かせるかなど少し悩むかもしれませんが、これも学びの一つなのかもしれません。

ウェブサイトを通じてキャンプ期間中の子ども達の様子を保護者がわかるようにするなど、保護者へのフォローもしっかりしているので安心して預けられるのではないでしょうか。

いかがでしたか?

イングリッシュキャンプとなると、レベル的にも費用的にも。一気にハードルが上がるように感じるかもしれませんね。

まずは、お子さんの興味がある分野からキャンプに慣れていくのも良いかもしれません。

春休みの子どもたちは、新しい学校や学年に向けての期待や不安でいっぱいの時期です。

初対面の仲間と様々なアクティビティを体験し、楽しく過ごせるキャンプを通じて、新しい環境へ向けての自信へとつながるのではないでしょうか。

すでに申し込みが始まっているところもあります。

人気プランは満席の場合もあるので、検討のうえ早めに予約しましょう。

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280