話題沸騰中のローチョコとは?お家で作れる簡単レシピ3選!ココナッツオイルやカカオバターでチョコなのに健康的で美味しい!

広告



最近人気急上昇のローチョコとは何かご存知ですか?

ローチョコと生チョコは全く別物です!

ローチョコレート、通称ローチョコというものを聞いたことがあるでしょうか?

私もつい最近知ったのですが、健康志向の人の間で人気急上昇中のスイーツです。

バレンタインを控えたこの時期、より広く浸透するかもしれません。

ローチョコは、その名の通りLaw(生)のチョコレートですが、一般的に人気の高い生チョコ(下画像のようなもの)とは異なります。

一般的に生チョコは、「生クリームを沸騰直前まで煮立たせた中に、刻んだチョコレートを混ぜる」という工程で作られることが多いです。

特徴としては、高めの温度で加熱され、かつ、砂糖を含む原材料を使用します。

一方で、ローチョコは原料に市販のチョコを使用しません。

また、高温で加熱することなく、非加熱(48度以下)で作るのです。

つまり、正真正銘のナマ。

非加熱にすることで、加熱することで失われてしまう、カカオの栄養素を摂取することができるのです。

カカオは本来スーパーフード!チョコレートの問題は大量の砂糖と添加物、植物油脂にあり!

チョコレートが健康や美容に良い、という話を時々耳にします。

しかし、これはある意味では正解であり、ある意味では間違い。

健康や美容に良いのは、チョコレートではなく、その原料となるカカオです。

カカオには、ポリフェノールや酵素、ビタミン、ミネラルなど、抗酸化物質が豊富に含まれ、特に美容に効果が高いされています。

また、動脈硬化予防や血圧低下、腸内環境改善にも効果が高いとされ、さらには、幸せホルモンも分泌するという、嬉しい効果がたくさんあります。

まさに、スーパーフードということができるのです!

しかし、これらの効果が期待できるのは、市販のチョコレートであればカカオ含有率80%以上のダークチョコレート。

しかも、カカオ含有率80%以上であっても多少の砂糖や乳化剤・香料などの添加物が含まれているものも少なくありません。

多くの人に好まれる甘いミルク味のチョコレートは、カカオ含有率が低く健康に効果がないばかりか、かえって悪影響にもなり得ます。

その原因は、たっぷりのお砂糖と添加物、そして、植物油脂。

これらのために、カカオ本来の優れた効能は意味をなさず、かつ、加熱処理されることで栄養素は失われてしまうのです。

お砂糖、添加物が私たちの体にどのような悪影響を及ぼすか、それはこれまでの過去記事でも詳しく触れています。

白砂糖の害が恐ろしい現代の食生活!?酵素ジュース・きび砂糖・三温糖も嗜好品。砂糖たっぷりお料理とおやつが害を及ぼす根拠と我が子の実録・砂糖漬け生活を防ぐための秘訣とは!?
お砂糖が私たちの健康に影響を及ぼすという話はかなり定着してきているように感じます。 しかし、「砂糖が体に良くない」という話の...
食品添加物だらけの危険な食品が溢れる日本!危険な理由は本や論文でも明らかです。嘘だと言うあなたは健康ですか?
食品添加物まみれの危険な食べ物については、日々いろいろなサイトで話題に上がっています。 食品添加物が危険な理由はいわずもがな。。。 ...
【特に危険度が高いのはコレ!】食品添加物で溢れる危険な現代社会から子供達を守る!巷にあふれる食品添加物の危険度ランキングベスト5
現代社会では欠かせない?食品添加物 子どもが大好きなお菓子やパン、スーパーに売っているお惣菜、コンビニのお弁当、ファーストフード、私たちの身...

そして植物油脂。

特に、業務用に使用される植物油脂は、粗悪なものが大変多く、これらは私たちの体を酸化させ、健康に悪影響を及ぼします。

植物油脂をはじめとした油脂については、アレルギーなどとも大きく関わるので、改めて別記事で詳しく触れていきます。

これら、たっぷりのお砂糖と添加物・植物油脂で作られた市販のチョコレートは、私たちの健康にプラスの影響を及ぼすどころか、一瞬にして血液を汚すのです。

非加熱!砂糖不使用!無添加!お家で作れる簡単ローチョコレシピ3選!!

それでは、砂糖や添加物、粗悪な油脂を使用せず、非加熱で作るローチョコのレシピをご紹介します。

一見ハードルが高そうですが、実はお家で簡単に作れてしまうのです!

火を使わないので本当に簡単、あっという間!

10分でできる!超簡単な基本のローチョコ

【材料】

・ココナッツオイルまたはカカオバター 90g

・ココアパウダー 30g

・メープルシロップまたはアガベシロップ 40g

・ピーナッツペースト(無糖) 30g

・岩塩 ひとつまみ

【作り方】

1 ココナッツオイル(カカオバター)を湯せんで溶かす。

2 ココアパウダーをふるい入れて、ダマができないようによく混ぜなめらかにする。

3 メープルシロップ(アガベシロップ)と ピーナッツペースト、岩塩を加えてよく混ぜる。

4 型に流し込み、冷蔵庫でよく冷やして完成。

*ピーナッツペーストは白ごまペーストやその他ナッツペーストで代用可能。

*型は、百均などのシリコン型や、バットに一気に流し込んでナッツやドライフルーツを飾り、固まってから切ってもOK。

基本に慣れたらアレンジを楽しむ!みんなに人気のローチョコトリュフ

【材料】

・カカオパウダー 60g

・生クルミ 2カップ(一晩浸水する)

・レーズン 50g

・デーツ 100g

・ココナッツバターorカカオバター 5g

・岩塩 ひとつまみ

・バニラエッセンス 数滴

・お好みのリキュール(なくてもよい) 適量

【作り方】

1 生クルミは一晩浸水しておく。

2 全ての材料をミキサーやブレンダーで攪拌し混ぜる。

3 適当な大きさに丸める。

4 カカオパウダー・ごま・ココナッツファイン・砕いたナッツなど(分量外)お好みのものをまぶす。

贅沢すぎる一品!?罪悪感なしで食べられるローチョコタルト

【材料】

A クラフト(底面に敷くタルト部分)

・アーモンドやカシューナッツ、クルミなどお好みのもの 100g

・メープルシロップ(アガベシロップ) 大さじ2

・ココナッツオイル 大さじ1

B フィリング(記事となるチョコレート)

・生カシューナッツ 80g(一晩浸水)

・ココナッツオイル 90g

・ココアパウダー 30g

・メープルシロップ 40g

・ピーナッツペースト(無糖) 20g

・バニラエッセンスやリキュール類(なくてもよい・お好みで) 適量

【作り方】

1 【Aのクラフト】アーモンドなどのナッツ類をブレンダーで細かく砕く。

2 【Aのクラフト】砕いたナッツと残りの材料を混ぜ合わせ、型に敷き詰め、冷蔵庫で冷やし固めておく。

3 【Bのフィリング】生カシューナッツは一晩浸水しておく。

4 【Bのフィリング】全ての材料をブレンダーで滑らかになるまでよく混ぜる。

5 冷蔵庫で冷やしていた型に4のフィリングを流し込む。

6 冷蔵庫で1時間以上冷やし固める。

*お好みのフルーツやナッツなどで飾り付けをしてもOKです。

いかがだったでしょうか?

こんなに簡単に作れてしまうなんて、私も最初はびっくりでした。

しかも、基本のローチョコさえできれば、ナッツやドライフルーツをまぜたり自分なりにアレンジすることももちろんOK!

ただし1つだけ注意点が。

このローチョコ、原料で使用しているココナッツオイルやカカオバターは融点が低いので、暖かい部屋や夏場などはあっという間に溶けてしまいます!

ですので、要冷蔵!

たくさん作った時は冷凍保存も可能です。

商品として販売されているローチョコも、最近では多く出回っていますので、気になる方はそちらもチェックしてください。

せっかく食べるのであれば、体に悪いものより良いものを。

もちろん食べ過ぎは禁物ですが、これであれば子供達に与えても罪悪感を感じずに済みますよね。

【バレンタイン2019】手作りで差をつけよう!簡単なのに絶対美味しいレシピはこれ!彼氏・本命はもちろん、友チョコ・義理チョコにも使えるキットからオーブンなしレシピまで
あなたは彼氏や本命に手作り派? 1月も終盤。 街はバレンタインで彩られているところが目立つようになりました。 2...
スポンサーリンク
336×280