野菜や農作物に散布される農薬は子供・人体・環境・生態系全てにおいて悪影響。農薬大国日本に住む私たちが今考えること。

子供が生まれてから、これまで気にならなかったことが気になるようになりました。

その中のひとつが、農薬の問題です。

広告



便利な農薬が影響を与えているもの

スーパーに並ぶきれいで色とりどりの野菜や果物。

私たちが毎日食べているものには、目に見えないたくさんの農薬が使用されていますが、害虫の被害を防ぐために農薬が使用されます。

農家にとって、せっかく育てた作物が害虫にやられてはせっかくの苦労も台無し、経済的にも大きな問題です。

また、高齢化が進む日本の農業において、農薬を使用せずに人の手で雑草を処理したり、農作物を狙う害虫を駆除することは大変な手間と労力が必要です。

しかし、このことを踏まえた上でも、現代の日本において、使用されている農薬の散布回数や種類は非常に多く、それによる人体・生態系・環境をはじめとしたところへの悪影響が次々と明るみになっています。

知っておきたい農薬の知識とこどもへの影響

私の場合、自分が母親になるまで、農薬について特に気にはしていませんでした。

農薬どころか、添加物とかあらゆることにおいて

「そんなこと気にしてたら生活していけないでしょー」

「日本の食べ物おいしいし、今のところ健康だし、みんなだいたい同じようなもの食べてるんでしょ?大丈夫じゃないの?」

なんて思っていたタイプ。

だけど、妊娠して、こどもが生まれ、母乳を与え、離乳食を与えていくにつれて、少しずつ気になってきました。

周りのママ友の意識が高いことも影響したのですが、農薬について考えるようになり、知れば知るほど【食】がどれほど大切か、どれほど私たちの体に影響を与えているのかを痛感するようになったのです。

知れば知るほど恐ろしい私たちの体への影響

農薬の種類

日本で現在使われている農薬はたくさんありますが、用途別に次のように分類されています。

・殺虫剤(殺ダニ剤・殺線虫剤)

・殺菌剤

・殺虫殺菌剤

・除草剤

・殺鼠剤

・植物成長調整剤

・その他(農薬肥料・殺虫・殺菌植調剤・忌避剤・誘引剤・展着剤)

この他にも用途別による分類もあるのですが、その種類は非常に多く素人には把握しきれないものです。

特に危険とされる農薬

それらの中でも、たびたび耳にするのが「有機リン系農薬」「ピレスロイド系農薬」「ネオニコチノイド系農薬」です。

これらの農薬はもともと、戦争に使用する化学兵器用(ガス兵器や枯れ葉剤など)に開発された化学物質の流れをくんでおり、いずれも、生物の神経系に作用します。

神経の情報伝達の受容体に作用し、神経情報をかく乱して虫を殺すのです。

有機リン系農薬

除草剤のラウンドアップやバスタなどが代表的。

神経毒性が非常に強い。

ピレスロイド系農薬

農業用だけではなく、衣類防虫剤や人形の防虫剤としても広く使用されている。

無臭なので扱いやすいとされているが、毒性は高い。

ネオニコチノイド系農薬

カメムシの被害が出やすい米に広く使われている。

ミツバチ大量死の大きな要因とも考えられており、EUでは規制が進んでいる一方、日本では規制緩和の方向に進んでいる。

農薬が人体に及ぼす影響

農薬は、害虫にのみ作用する。

− そんなはずは決してありません。

少量であれば大した影響ではない。

− 塵も積もれば山となる。

確かに、農薬だけが原因ではないかもしれませんが、このような「塵も積もれば山」となった結果が、徐々に私たちの体の不調となって如実に現れています。

特に、胎児や小さいこどもは、これからどんどん成長します。

まだ未発達な体の機能もありますから、農薬の影響は大人以上に受けやすいと言われています。

⒈ 発達障害

前述の通り、多くの農薬は生物の神経系に作用します。

もちろんそれは、人間も例外ではありません。

近年、ADHD(注意欠如多動性障害)などの発達障害を抱える子供が急増しています。

他にも、キレやすい・情緒不安定になることが研究報告されています。

確かに、農薬のみが要因とは言えません。

しかし、大きな要因となっていることは明らかです。

⒉ 白血病やその他のがん発生率が高くなる

もちろん、がんの要因も様々で、特定の要因が証明されているわけではありません。

しかし、理論的に考えると、農薬もその大きな一因となり得ます。

農薬だけではないけれど大きな要因であるのは明らかです。

農薬は、生物の神経をダメにして死に至らしめてしまうほど、強力な毒性を持っています。

そして、その農薬は水で洗っても取れておらず、目には見えないものの、私たちは日々体内へと取り込んでいます。

「残留農薬は定められた基準値以下なので大丈夫」とはよく聞く言葉でもありますが、信じられるものではありません。

なぜなら、現代に生きる私たちが日々体に取り入れる毒は想像を超えるほど多いからです。

食品添加物・放射能・待機中に漂う化学物質・・・直接目には見えませんが、普通に生きているだけでもこれだけの毒素が日々体内へと入ってきます。

しかし、私たちの体内でこれらを解毒できるのは、唯一、肝臓のみ。

すぐにパンクしてしまうのは明らかですよね。

そして、体内の解毒装置(肝臓)がパンクしてしまったら毒素はどうなるでしょう?

そうです、ガン細胞となって蓄積されます。

さらにそれすらいっぱいになると、転移という形で別の場所にガン細胞が蓄積されます。

当然、もともと人体に影響を及ぼすために使われているわけではありません。

農薬の目的は「害虫駆除」ですから、害虫の神経に作用して殺虫させるために使われています。

ところが、皮肉にも害虫だけではなく人間にも影響してしまっているわけです。

人間だけではない!農薬が自然の生態系に及ぼす影響

さらに、近年問題となっているのが、世界でミツバチの数が減っているということ。

日本でも、日本固有の日本ミツバチが絶滅の危機にさらされています。

一見、「何が問題なの?」と思うかもしれませんが、ミツバチがいなくなるということは、単に種が絶滅するだけが問題なのではありません。

ご存知の通り、ミツバチによって野菜や果物などの農作物は受粉の手伝いをされています。つまり、ミツバチがいなくなることは、農業そのものに大打撃を与えます。

もちろん、生態系も大きく崩れることでしょう。

このこともあり、ヨーロッパではネオニコチノイド系農薬の使用が禁止されています。

しかし、日本では・・・規制緩和が進む一方なのです。

こどもを農薬から守る!今からでもできる簡単な対策

これまで上げてきた農薬の影響、もしも我が子に現れてきたらどうでしょうか。

最近キレやすい子が増えたとか、注意力が散漫な子が多いなどと耳にすることがありますが、本当に農薬が影響してるとしたら・・・

【今すぐなんとかしたい!!】

ですよね。

こどもの成長はこれからです。

良くも悪くも、大人が与える影響はゼロではありません。

子供たちを農薬や有害物質から守るために、

私が日頃実践していることをいくつがご紹介します。

⒈ 野菜をしっかり洗う・皮を剥く・茹でこぼす

水でさっと洗うのではなく、ぬるま湯でしっかり洗います。

あるいは、茹でこぼすのも効果的です。

特に葉物野菜は農薬が残留しやすいので、外側の葉は2〜3枚取り除く方がいいです。

いちごやさくらんぼなどは、5分ほど流水にさらすなどすると効果的です。

バナナは、こどもでも手に取って食べやすい手軽な果物ですが、農薬がたくさん付着しています。皮は大人がきちんと剥いてあげて、残留しやすい先の方を1〜2cm切り落としてから与える方が安心です。

また、最近では貝殻焼成成分によって、表面に付着している農薬を浮かして落とすことができるというものも販売されています。

完全に取り除くことは難しいですが、そのようなものを使うことも有効です。

⒉ 無農薬・減農薬野菜を選ぶ

農薬は水溶性なので、皮を取り除いても中身に浸透している可能性があるので、可能であれば無農薬・減農薬の農作物を買いましょう。

【買い物は投票です】

私たちが無農薬のものを選び、それが売れれば企業はそれに力を入れて販売するようになります。

最近では、健康ブームということもあり、一般のスーパーでも無農薬・減農薬野菜や有機栽培のものが置かれるようになっています。

個人宅に宅配してくれるサビースを行っているところもありますので、私はこちらも利用することが多いです。

価格はやはり割高にはなりますが、大きく変わることもないので、将来的な健康のためにこちらを選ぶのもひとつの方法だと思います。

⒊ 自分で野菜を栽培する

最近では、マンションのベランダで育てるプランター野菜もメジャーです。

きゅうりやミニトマト、ピーマンなど簡単にできるものもあるので、ぜひ試してみてください。

ちなみにうちの場合、義理の母が畑で野菜を栽培してくれているので、採れたての新鮮野菜を食べられることもあります。

販売目的ではなく自分用に作っているので、形も不揃いだったり、葉物野菜は虫喰いだらけのことも(イモムシがついたままやってくることも・・・)ありますが、何よりも自然にできている野菜はおいしい!

きちんと野菜本来の味がして、甘みもありますし、農薬を使っていないので皮ごとお料理ができます。

⒋ 家庭の庭や芝の除草剤は安全性の高い自然のものを選ぶ

とはいえ、夏場の雑草との闘いは過酷なものでしょう。

うちは、そんなに広くはないので頑張って人力で草引きをしていますが、かなりの重労働で、あっという間に草ボーボーになっちゃいます。。

抜いても抜いても生えてくるきりがない雑草を簡単に駆除するには薬剤の力を借りる必要もありますね。

そんな場合は、比較的安全性が高いと言われる自然原料のものを選んでください。

同様に、公園などの芝生も害虫駆除のために薬剤散布されている場合が多いので、気をつけた方がいいかもしれません。

私たちと子供たちの健康的な未来のために

長い目で比較するとオーガニックはコストパフォーマンスが良い

果物や野菜は、皮の部分にこそたくさんの栄養が含まれているそうです。

しかし、見た目重視の現代の食卓ではあらゆる野菜の皮が剥かれて調理されています。

慣行農法の野菜の場合、皮を剥くことも農薬除去の方法の一つですが、そのために大切な栄養素まで削ぎ落としてしまうなんて、もったいない!

無農薬野菜と慣行農法の野菜は栄養価自体も大きく異なるそうです。

化学肥料や農薬の影響で現在の野菜は昔のものに比べて栄養価自体も下がっていると言われています。

もちろん、無農薬野菜の方が栄養価が豊富。

しかも、無農薬野菜であれば皮ごと食べることができるので、食べ物の持つパワーを丸ごといただけるわけです。

「オーガニック野菜は高いから・・・」とよく言われますが、体へ与える影響や栄養価を比較すると、オーガニック野菜が高いとは思えません。

むしろ、適正な価格だと考えます。

未来豊かな子供たちにこそ良いものを与えたい

こどもは、とても味覚が敏感です。

味が濃くて甘みがある野菜は、おいしくたくさんたべてくれるし、そうでない場合は残してしまうこともあります。

自分で栽培した野菜を食べることは食育にも良いですし、こどもの野菜嫌いも解消されます。

こどもたちが健康にすくすく成長していけるために、まずは親である私たちが身近なところから気をつけていきたいものですね。

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280