白砂糖の害が恐ろしい現代の食生活!?酵素ジュース・きび砂糖・三温糖も嗜好品。砂糖たっぷりお料理とおやつが害を及ぼす根拠と我が子の実録・砂糖漬け生活を防ぐための秘訣とは!?

お砂糖が私たちの健康に影響を及ぼすという話はかなり定着してきているように感じます。

しかし、「砂糖が体に良くない」という話の定着と「砂糖経ちできているか」という話は全く別物のようです。

つまり、砂糖が体に良くないということを認識しつつも、多くの人が砂糖経ちできていないのが現状。

また、砂糖の害については認識しているのに(だからこそ?)、何故か手作りであれば大丈夫だと思われている現状もあります。

たとえば、果物を砂糖漬けにして発酵させる”自家製酵素ジュース”

これには、白砂糖やきび砂糖、まれに三温糖なども使用されています。

酵素が身体に良いということで、自分で作るというのが流行していますが、結局これも砂糖漬けです。

真っ向から否定はしませんが、これを毎日摂取することもおすすめできませんし、”健康のため”のものであるとも考えられません。

あくまでも”添加物が入っていない比較的安心して飲めるジュース”つまり、嗜好品です。

市販されている酵素ドリンクや酵素サプリも、その品質をきちんと吟味した上で摂取する必要があります。

このように、砂糖を巡ってはいろいろな情報が錯綜していますが、白砂糖が私たちの健康にどの程度影響を及ぼすのかという検証と砂糖経ちをするためにはどうすれば良いのかについて、我が家での実録を踏まえつつ考えようと思います。

白砂糖の害は恐ろしい!?難しいことを考えず自分で体感することを振り返って考える

砂糖の害については、ネット上でも多くの根拠が示されています。
このブログでも過去に別記事をあげていますので、参考にしてください。

白砂糖の害は嘘じゃない!子供に危険な三温糖やグラニュー糖をやめて代わりの甘味を
こんにちは。 えみちゃんママです。 砂糖の害は最近大きく問題視されるようになりました。 このブログでも、記事の中でちょくちょくと、砂糖...
砂糖断ちで肌荒れ知らずの透明感ある肌へ。砂糖代わりに果物やはちみつを使ったおやつで毛穴もニキビもスッキリ!頭痛や体の不調にもバイバイ!
砂糖は体に害だと書きました。 できれば砂糖は摂らない方がいいです。 ホントに。 体のためにも、心のためにも、自分のためにも。家族のため...

上記記事でも触れていますが、砂糖を摂取することで

・カルシウムやミネラル不足となる

・低血糖になることでイライラ・落ち着きがなくなる

・中毒症状(食べ始めると止まらない)が出る

・免疫力の低下

・腸内環境の悪化

などの影響があります。

これらは、人々の不安を煽るような机上の空論でしょうか?

実際に、我が家では特に子供達への影響を回避すべく、普段から砂糖の摂取は控えています。

しかし、完全にシャットアウトできていないのも、正直な現実としてあります。

言い訳にしていませんか?どんどん増える私たちを取り巻く砂糖たっぷりお菓子とお料理

とりわけ、秋から冬にかけての時期、近年では日本の大きなイベントとして定着しているハロウィン。

1年のうちで最も盛り上がるであろうクリスマス。

そして、古くからの日本の伝統行事であるお正月。

さらに、お正月が終わったと思うとバレンタインにホワイトデー・・・

いずれにも共通するのは、お砂糖をたっぷり使ったお菓子やお料理を避けて通ることが難しいということです。

しかし、多くの人がこう言います。

私もこう言って自分の中に言い訳をしていたということも否定できません。

しかし、、、

「イベントの時くらい仕方がない」「普段は気をつけているからたまになら」

本当にそうですか?

具体的に考えてみましょう。

例えばクリスマス。

クリスマスは12月24日がイブ、そして25日が当日です。

しかし、12月に入ると街はすっかりクリスマスムード一色。早いところだと、ハロウィンが終わった11月上旬からクリスマス商戦を始めているところもありますね。

そして私たちも、12月に入ったらことあるごとにクリスマスパーティーの計画を立てるのではないでしょうか。

もちろん、ここではクリスマスなどのイベントを否定しているわけではありません。パーティーをするなとも言っていないので、その辺りは履き違えないようにしてください。

問題なのは、こんなにもたくさん砂糖を摂取する機会があるのに、見過ごされているということなのです。

つまり、その「ちょっとくらい」は全然ちょっとではない!!と言いたいのです。

話が逸れますが、こうなってくると、砂糖だけの問題でもなくなります。

お菓子に含まれるたくさんの添加物・小麦粉・乳製品・油脂などなど、問題は芋づる式に出てきますよ。

お菓子の問題は、砂糖だけにとどまらないのです。

では、これらを食べた結果、子供達にはどのような変化が現れるでしょうか。

私が実際に感じた経験をもとに、検証したいと思います。

集中力がない・騒がしい・野菜を食べない・おちつかない・・・これ、その子の性格ではなくお菓子のせいかもしれません

ご自身のお子さんについて、落ち着きがない・うるさい・偏食傾向にある、などのお悩みはありますか?

もしある場合、その原因はその子の性格にある、と考えがちではないでしょうか。

確かに、本人の性格の影響や環境的要因など、様々なケースが考えられますが

実は、それに加えて、食べ物の影響も大きいことが考えられるのです。

実際に、我が家には二人の娘がいます。

比較的年齢の近い姉妹ですが、二人の性格は当然異なります。

この冬、二人もハロウィンにクリスマス、お正月と一通りのイベントを過ごし、たっぷりのお菓子をゲットしました。

そして、私も「イベントの時くらいは」「そろそろ子供達も騙しがきかなくなったし」「少しずつ小分けに与えるようにすればいいかな」なんて思っていました。

ところが、お菓子はたまる一方・・・

おまけに、いつの間にか我が家になかったルール、○○したらお菓子1個食べていい、ができている始末。

食べるものに困らない、これはとてもありがたいことだと思います。と同時に、「飽食の時代」とはまさにことことかと痛感もします。

その結果、子供達がどうなったか。

・ゴロゴロする

・うるさく騒ぎ立てる

・便通が悪くなる

・食べ物の好みが変わる

・イライラし、反抗的になる

・さらに多く欲する

ほんの少しの変化です。

よく注意しなければ「少し疲れているのかな」「眠いのかな」「お腹が空いたのかな」と言う程度。

年末年始の気の緩みでダレているのかな、とも考えられます。

しかし、普段の平日とは、確実に様子が異なります。

子供なので、普段でもゴロゴロしたり騒いだり、怒って泣き出したりすることはありますが、その頻度が圧倒的に多いのです。

そして、気づくと、お菓子を食べた後やお菓子を食べて少しした後、それらの状態になることが多い。

おそらく、”もっと欲しい”という中毒性、そして急激に血糖が上がって急激に下がった低血糖の症状だったと思われますが。。。

何よりも、私にはそんな状態の子供達が辛そうに見えたのです。

思い切ってお菓子を断捨離した結果

冬休みが終わり、学校が始まって規則正しい生活に戻ってもお菓子はなくなりません。

帰宅後に食べるお菓子を楽しみにしているようにも見えるのですが、その後の集中力がガクッと下がることを痛感したとき、ようやく決心がつきました。

そこで、以下のことを実行しました。

何も特別なことはしておらず、至ってシンプルで簡単なこと。

まずは試しにお菓子を隠す

どこの家庭でもそうだと思いますが、子供達はお菓子のありかを知っています。

そして、コソコソっとお菓子庫を漁っている子供のことも母は知っていますよね?

では、子供が何故お菓子を探し出して食べるのか。

答えは簡単。

そこにお菓子があるから

目と手が届くところにあれば欲しくなるのは当然でしょう。

だから、目と手の届かないところに隠してしまえば良いのです。

本当は、有無を言わさず廃棄処分してしまうのが一番。

しかし、いくらお菓子といえども、子供達の目の前で食べ物をゴミ箱に捨てる行為は抵抗もあります。

ですので、まずは目と手の届くところから消してしまいます。

なくなったら子供が泣きわめく?

泣き喚いてもいいんです。どうぞ、好きなだけ泣きわめかせて下さい。

家の中だしね、泣き喚いても誰にも迷惑かけないでしょう?

ママは大変かもしれませんが、それで折れたらお菓子から抜け出せません。

ちなみに我が家の場合、普段から砂糖が悪さをすること、小麦や乳製品が体に良くないことはあらかじめ伝えてあるので、お菓子が消えたことについて、クレームにはなりません。

「あーあ、遂になくなってしまったのか・・・・」という感じ。

それ以降も、「あの時のお菓子はどこへ行ったんだ」という話にはなりません。

お腹が空いた時は、家にあるものの中で自分で満足でき、お腹が満たされるものを選ぶようになります。

捨てる

ほとぼりが冷めたら、きっぱりと捨てます。

もったいないと感じるかもしれませんが、炎上覚悟で申し上げれば、はっきり言って市販のお菓子は食べ物ではありません。

砂糖はもちろん、輸入小麦=ポストハーベスト(農薬)たっぷり降りかかった小麦、乳製品、マーガリンやショートニングでできたお菓子は、私たちの体を作る食べ物ではありません。

私たちの体には必要のないものです。

それほどまでに、子供達が口にするものは大切です。

子供に食べさせたくない、そう思うものがあれば、即刻目の前から消してしまうことが肝要だと思います。

買わない

「一緒にお買い物へ行くと、お菓子買ってもいいよ」

そんなルールを決めていませんか?

我が家も、特に長女が小さい頃はそうでした。

一緒にお買い物に行って、好きなものを一つでも買ってもらえれば満足=外出先でぐずらないし道中も平和。

子供がぐずりだしたら、お菓子かジュースで釣る。

それが当たり前だと考えていました。

ところが、それは違います。

子供がお菓子やジュース、自分の望みを叶えるまで泣きわめき続ける理由

それは

なんだかんだ言っても、最終的に必ずもらえるから

グズれば(泣きわめけば)買ってもらえるから

に他なりません。

子供はとっても賢いです。どうすれば目的のものを得ることができるかがわかっているのです。

これは、大人の責任です!!

困った時はお菓子に頼っていた、その結果、お菓子のせいで、子供の素晴らしい力が削がれている、ということになります。

では、どうすればいいか。それは、

お買い物へ行っても何も買わない

ご機嫌とりにお菓子を使わない

を徹底することなのです。

そんなことは不可能だ?と思いますか?

買い物先でお菓子を買ってしまう習慣をなくすための秘策

我が家の場合、先にもお伝えしましたが、長女は「買い物に行けば何か買ってもらえるはず」という習慣をつけていました。

しかし、これではいけないと思ってその習慣を断ち切ることを決意。

まず、買い物に行く前に、子供とお約束をします。

「今日ママは、晩御飯に必要なお野菜を買いに行く。お菓子は家にいっぱいあるから、今日はスーパーに行ってもおやつ買わない。もしも、買いたいと言って泣きわめこうとするのであれば、もうお買い物には連れて行かない。」

このお約束、かなり効果は高いです。

親の決意表明にもなりますよね。

しかし、それでもその場に行って目に触れると子供は欲しくなるもの。

そんなときは、「今日はお約束してきたよね。泣いたらどうするってママ行った?」と牽制します。

万が一、それでも泣き喚いてしまった場合、ここはお母さんの決意の見せ所。

お買い物は即刻中止して、何も買わずにその場から立ち去ってください。

決して感情的になって怒らないこと。

「約束を守らなかったあなたのせいで買い物が中断された。何があろうと決してお菓子は買わないのだ」ということをお母さん自身の態度で示します。

そして、子供が落ち着いた頃、改めて話をしてください。

「何故、買い物が途中で中断されたのか。」

もしかしたら、子供によっては2〜3回同じこと(泣き喚く)を繰り返すかもしれません。

しかし、徐々に落ち着き、必ず理解できる時がきます。

お母さんが買わないと言ったら本当に買わないのだ、ということがきちんと理解できたら、お菓子を買わないことに対して泣き喚くことはなくなります。

実際に、我が家の長女も事前のお約束をすればぐずることはなくなりました。

次女に至っては、

「お買い物=お菓子を買ってもらえる」

ということは当たり前のことではありません。

「お買い物=お菓子を買うために来ているのではない」

ということが定着しています。

「そんなことウチには無理だ」とお思いでしょうか?

それならば、一度試してみてください。

これは、子供の問題ではなく、親の問題です。

親の決意をどこまで見せるか、それが、子供を不健康な状態から脱するための大きな第一歩なのです。

広告



白砂糖よりも有効なものはたくさんある

お菓子が当たり前のように身近にある環境で、突然なくしてしまうことには大きな決断と勇気が必要かもしれません。

しかし、お菓子が当たり前でなくなったとしても、悪いことは何一つ起きません。

むしろ、子供が元気になり、集中力も高まり、家庭内が全般的に平和になるなど、良いことの方が多いです。

そして、親が子供に与えられることは、お菓子以外にもたくさんあるのです。

それは、遊ぶ楽しさを教えてあげること。

子供がお菓子を欲する時、それは、お腹が空いているときはもちろんですが、退屈している時もあてはまります。

大人でもそうではないですか?

何かに集中して夢中になっていることは食べることも忘れます。

ところが、退屈な時、手持ち無沙汰な時は何かを口に入れたくなります。

ですので、親も一緒になって遊ぶ楽しさを教えてあげてください。

それは決して、スマホを与えることやTouTubeを観せること、テレビゲームをさせることではありません。

親子一緒に外で身体を動かす、絵本を読む、絵を描いたり工作をしたりする、ボードゲームで遊ぶ、などということです。

これらの遊びは、子供の興味と五感をたっぷり刺激します。

おもちゃが子供に与える影響は?知育玩具や木のおもちゃ…「良いおもちゃ」って何?
こどもは遊ぶことが仕事の一つです。 そして、おもちゃはいわば、こどもにとっての仕事道具。 では、あなたはこどもにどのようなおもちゃを与え...
スマホ依存の子供が増えている!?スマホが子供の発達へ与える影響はテレビや本・新聞のニュースで賛否両論。チェックリストで適切な利用を
こんにちは。 えみちゃんママです。 幼い子どもにスマホを与えて育児をすることに警鐘を鳴らす、テレビ・本・新聞のニュースの数...
将棋の藤井聡太四段が遊んだおもちゃ「キュボロ」!直観力と集中力で天才を育てる玩具とは!?
今や時代の寵児となっている、将棋の藤井聡太四段。 そんな藤井四段が幼少期に遊んでいたおもちゃ「キュボロ」が、大きな話題を呼んでいます!...
赤ちゃんや乳幼児に絵本の読み聞かせを!子どもに与える効果と影響がすごい!!
近年、子供たちのおもちゃが大きく様変わりしています。 誰に教わるわけでもなく、物心着く頃にはスマホの操作を難なくこなす幼児に出くわすの...

子供の成長にとって大切なのは、正しい食事と五感をフルに使った遊びです。

さあ、今日から白砂糖とはバイバイです。

スポンサーリンク
336×280
コメントの入力は終了しました。